スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/28の交流会のご報告 

こんにちは。
高知は数日前から梅雨入りし、どんより紫の空が続いています。
5月28日の交流会の様子をご報告します。


本日はミニ企画として、ハーブ寄せ植え会を開催しました。
この写真はミントの葉に囲まれて咲いているルッコラの花です。



あいにくのお天気で、屋内に新聞紙を敷かせてもらっての鉢作りとなりました。


発根しやすい種のハーブはその性質を利用して挿し木で増やします。
定植するまでは水やりをこまめに。梅雨がちょうど良さそうです。


ハーブの種類は、イタリアンパセリ、ルッコラ、アップルミント(+バジル)です。
パセリはセリ科で日陰が好き、ミントはシソ科、ルッコラはアブラナ科で太陽が好き。
種類の違うハーブや野菜を寄せ植えするのには理由があります。

・お互いの害虫を抑え合う→ 自分が食べられる草以外を嫌う虫が多い
・根圏微生物が異なるので、土壌が豊かになる
・別べつの栄養性分を利用するので肥料の競合が起きにくい。お互いの排せつ物を分解しあって養分に
・日当たり好きな植物が日陰が好きな植物の影をつくる

山や森のように、農薬で虫や微生物を殺していない土壌には、人間が肥料を入れなくても自ら養分をつくりだす循環が備わっているという、自然の知恵を用いた農法を自然栽培といいます。
小さな鉢の中にも小さな循環が生まれて自然なエネルギーのある食べ物が育ってくれると良いなと思います。

本日のテキストはこちらです。



次回6月11日の交流会の企画は「ミニ読書会」です。
おすすめの本を持ち寄って紹介しましょう。
お気軽にご参加ください。




6月2日(日)は高知大にて「チェルノブイリのかけはし」野呂美加さんお話会が開かれます。
以下のサイトから前売り申し込みが出来ます。ご都合あいましたらご参加ください。
http://kokucheese.com/event/index/87762/

スポンサーサイト

5/14の交流会のご報告 

こんにちは。
日差しが強く、緑が濃くなってきましたね。
5/14の交流会の様子を報告します。

IMG_5056_300x.jpg


この日は、虹色くじらで行ったアンケート結果を県庁に提出しました。
高知県が力を入れていく移住促進事業に生かされることを願います。


ランチ交流会には、鎌中ひとみ監督作品を上映されている、かたつむりシアターさんが参加してくださいました。
上映会情報を後述します。

放射能汚染やその防御の話になりましたが、たくさんの情報があるなか、なにを食べるか、どこに住むのか、基準値は自分自身で決めるしかないのだと感じます。


次回から、交流会のなかでミニ企画を開催してみようということになりました。

5/28 ハーブ寄せ植えづくり
小鉢でハーブ寄せ植えづくりを実演してみます。

6/11 ミニ読書会
おすすめの本を持ち寄って、一人一冊順番に紹介していこうという企画です。

お気軽にご参加ください。



◆イベント情報◆

「六ヶ所村ラプソディー」上映会
鎌中ひとみ監督
核燃料再処理施設がある青森県六ヶ所村に住む人々の生活を描いたドキュメンタリー。
 
日時:5月25日(土)
①10:30~ ②13:30~

場所:龍馬の生まれたまち記念館
http://ryoma-hometown.com/access/from-kochi-station

チケット:前売り1000円(当日1300円)

主催:かたつむりシアター
http://blog.livedoor.jp/kouchieiga/

------------------------

「チェルノブイリへのかけはし」野呂美加さんお話会
野呂美加さんは、チェルノブイリ被災児童を転地療養のため日本に招待する活動を続けてこられました。2011年の福島第一原発事故により保養活動は休止し、今日まで保養活動での経験と3.11以降の子どもを取り巻く現状について全国各地でお話し会をされています。

日時:2013年6月2日(日)10:00~13:00

場所:高知大学朝倉キャンパス共通教育2号館222教室

参加費:前売1000円、当日1200円、学生500円、中学生以下無料

主催:野呂美加さんお話会・高知実行委員会
http://kokucheese.com/event/index/87762/

------------------------

気持ちとご都合あいましたらご参加ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。